NOSAIぎふ|安心のネットワーク ノーサイ

建物共済

建物と家具類(収納農機具含む)の火災や自然災害による損害を補償します。

▼加入資格者

組合営の区域 : 農業に従事するもの
事務組合営の区域 : 制度共済加入資格者

▼加入金額

【新価(再建築価額・再取得価額)で加入出来ます】                
建物と家具類及び農機具類の価額の範囲内で1棟当たり
火災共済6,000万円
あわせて1棟最高1億円まで加入できます
総合共済4,000万円
                         ※家具類・農機具類のみの加入はできません。

▼対象となる災害

 ●火災共済
@火災 A落雷 B破裂・爆発

C建物の外部からの物体の落下・衝突
建物内部での車両又はその積載物の
衝突又は接触

D盗難によるき損・汚損
全焼のとき特別費用共済金をお支払いします(限度200万円)。
※地震もしくは噴火を原因とする火災によるときは、建物が半焼以上、家具類もしくは農機具類については
 全焼のとき加入金額の5%をお支払します。

●総合共済
 火災共済の対象となる事故のほか次のような災害
E風水害 F土砂崩れ・地すべり G地震・噴火・津波
※お支払い限度はご契約額の50%までです

Hその他自然災害
※水道管等の凍結による破裂等を除く
※地震・噴火が原因の損害については、加入金額の50%を限度として補償します。
  ただし、建物については、損害額が5%以上、家具類及び農機具類については、損害程度が70%以上になった
 場合に限ります。
※平成28年8月1日より収容農産物補償特約が新設されました。

▼共済責任期間

掛金の払込を受けた日の午後4時から始まり1年間です。

▼共済掛金

住宅・納屋・農作業場など及び収納されている家具類・農機具類・・・1万円あたり、6.7円(木造)
※ 建物の用途・構造により掛金が各々設定されています。

▼共済金の支払い

火災共済の対象となる災害@〜Dによる損害の場合
 加入共済金額が共済価額の80%以上のとき
 損害共済金=損害額(加入共済金額を限度とします)

 加入共済金額が共済価額の80%未満のとき
 損害共済金=損害額×共済金額/(共済価額×0.8) (※加入共済金額を限度とします)

総合共済の対象となる災害EFHによる損害の場合 
 損害額が10,000円または共済価額の5%以上のとき
 損害共済金=(損害額−10,000円)×共済金額/共済価額

G地震・噴火・津波による損害の場合 
 損害額が共済価額の5%(家具類・農機具類70%)以上のとき
 損害共済金=損害額×(共済金額×0.5)/共済価額


収容農産物補償特約の概要
 (1)対象農産物
   米穀、麦及び大豆のうち加入者が選択した品目
 (2)共済事故
   火災及び風水害、雪害その他の自然災害
   (建物総合共済の共済事故と同じ。)
 (3)補償タイプ(次の2つのタイプから加入者が選択)
   @Aタイプ(一時保管向け)
    120日以内で加入者が選択する期間を補償
   ABタイプ(通年保管向け)
    年間を通じて補償
 (4)共済金
   共済事故により収容農産物に被害が発生した場合(1事故1万円を超える損害が発生した場合)、実損害額を
   共済金として支払います(ただし、支払い限度額まで)。地震等事故については実損害額の30%。
 (5)支払い限度額
   1口当たり、1建物・1品目につき100万円。加入者の選択により5口(500万円)までの加入を可能とします。
   地震等事故については、1口当たり、1建物・1品目につき30万円が限度。
 (6)共済掛金
   1建物・1品目・1口当たり
    ・Aタイプ 1,000円
    ・Bタイプ 3,000円