NOSAIぎふ|安心のネットワーク ノーサイ

園芸施設共済

▼加入できる農家

特定園芸施設の面積を2a以上所有または管理する農家

▼加入できるもの

特定園芸施設 付帯施設 施設内農作物
野菜、花きなどの農作物を栽培するためのプラスチックハウスおよびガラス室

温湿度調節施設、かん水施設、換気施設、カーテン装置など


施設内で栽培されている野菜、花きなどの農作物
作物によって引受できない物もあります。

▼加入の方法

特定園芸施設のみ
特定園芸施設+付帯施設 
特定園芸施設+施設内農作物   
特定園芸施設+付帯施設+施設内農作物
特定園芸施設の形式によって撤去費用が追加できます。
  (台風などにより損壊した特定園芸施設の撤去
  にかかる費用の一定額を補償します。)
施設内農作物の引受をしていない組合等があります。
◎施設内農作物の事故除外方式
施設内農作物の病虫害を支払対象外とする方式を選択することができます。この場合、施設の面積の合計が5a以上で、園芸施設の栽培経験を3年以上、かつ損害防止を行うための施設が整備され損害防止を適正に行う見込みのある人に限ります。

◎特定園芸施設撤去費用
災害により損壊した園芸施設の撤去費用を補償する方式を付加することができます。

◎特定園芸施設復旧費用
時価ベースの補償に加え、再取得価額に近い補償を得ることができます。
ただし、本体と附帯施設のみで、掛金の国庫負担はありません。

▼対象となる災害

@風水害・雪害・ひょう害その他気象上の原因による災害(地震・噴火を含む)
A火災 B破裂及び爆発 C航空機の墜落及び接触並びに航空機からの物体の落下
D車両及びその積載物の衝突及び接触 E病虫害 F鳥獣害

▼共済責任期間

年間を通して被覆されている施設については、共済掛金を支払った日の翌日から1年間。
被覆期間(施設の中で農作物を栽培している期間が)が1年に満たない場合は、被覆期間に合わせて短期加入(4ヶ月以上)もできます。

▼共済金額

共済金額は引受をした施設などの時価額(共済価額)の最高8割まで加入できます。

▼共済掛金

共済掛金のうち半額を国が負担します。(最高8,000万円まで。復旧費用補償分は除く。)
農家負担掛金=共済金額×共済掛金率×1/2

▼共済金

@共済金は災害の生じたつど支払われます。
A共済金は1棟ごと、1事故ごとの損害額が3万円または共済価額の1割に相当する金額を超える場合に次により算出される金額が支払われます。

支払共済金=損害額×共済金額/共済価額(付保割合)